心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・愛する人に歌わせないで

<<   作成日時 : 2009/08/03 16:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 18

あの戦争は多くの人の命を奪ってしまった。
父や婚約者の命を無惨にも奪った戦争は、日本中のいや世界のあちこちで、今も繰り返されています。


山口県の徳山港から定期船で約40分で大津島に着きます。
この島で人間魚雷「回天」の発射訓練をしていました。
今は記念館が建設され、遺品なども展示されています。

回天で出撃して戦死した者 145名、平均年齢 21.1歳でした。
若者の命を無惨にも奪ってしまう戦争、この資料館でもそうですが、出撃する前に母に宛てた手紙を涙なしでは読めません。


画像




今回アップする歌は昭和42年に森山良子が歌っています。
この曲を知ったのは丁度その頃。
20代になったばかりで、世の中の矛盾について考え始めた頃でした。


画像



1.55トンの爆薬を積んだ人間魚雷「回天」
前に進むことしかできないので、再び基地に帰ることは許されなかった。
そして彼らは敵艦に向かっていった





戦死した人の碑にこの日も遺族関係者のお参りがありました。

気になった人もいたであろう
愛するものを残して先に旅立って逝くことを、無念であったでしょう


画像



人間同士の殺戮は絶対しては行けない
戦争反対
そう叫ばずに入られない曲です。




愛する人に歌わせないで

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日・今日は、長岡まつりです。
毎年、何万人もの人が県内外からこの祭りの花火を見に訪れてくれます。この花火、全国の花火大会で常に上位に上がるほど素晴らしいものなんです。

だけど、これはそもそも、第二次世界大戦の長岡空襲からの復興を願って行われたものなんです。当時この街の8割は焦土と化し、死者は1500人近くになったそうです。焼夷弾が雨のように降る中を、必死で逃げた話しを母からよく聞きました。炎から逃れるため、川は飛び込んだ死体の山だったとか。
戦争は、絶対してはいけません。強くそう思います。
マミー
2009/08/03 17:38
本当にそうですね。
どうして人間はいがみ合い、憎しみ合わなくてはならないのか・・・・
どうしてもっと感謝することをしないのか??
このままではいつまでたっても下降線をたどるばかりだと
思いませんか??
魔女
2009/08/03 20:22
声便りに とても嬉しいコメントいただきました ありがとうございました
歌はいいですよね 自分の想いを込めることも出来るし 誰かの為にも 自分の為にも歌えますから。。。
風の旅人さんのコメント本当に嬉しかったです
ありがとうございます^^

今日の この歌も何度か聴いたことあります いつも涙が零れます
とても感情が入っていて素敵です
これからも 時々お邪魔させてもらいますね^^
栃のミ^^
2009/08/03 21:04
はじめて書き込みさせて頂きます。 
記事は 時々拝見させていだだいていました^^ 
気持ち玉 以前何度か押させていただきましたが 大きな花のアイコンでカーソルが恐縮してます

素敵な歌を聴かせていただきました。
地球上ではまだまだ戦争してるところ…皆の声が届きますように… 

 ありがとうございました

さつき
2009/08/03 21:21
マミーさん今晩は
スリムなマミーさんを見ましたでぇ\^o^/

長岡の大花火は有名ですね。
一度みたいと思っていますが、チョッとホイホイと行ける距離じゃない。
長岡の花火と言えば山下清のちぎり絵を思い浮かべます。
あの絵を見てからですわ
長岡にはこんな花火があるのを知りました。

しかしその花火の歴史も長岡を襲った空襲で、1500人の方が亡くなっていたんですか。
東京都か大阪の空襲は知られていますが、日本海側でもこのように大きな死者が出ていたんですね。
その人たちの供養から花火が打ち上げられたんですか。
花火に歴史ありですね
良いことを聞かせて貰いました。
風の旅人
2009/08/03 23:07
魔女はんコンチャ

なぜ人は殺し合うのか。
理性を持ったはずの人間が、どうしてと悪魔に心を奪われるのか。
宗教絡みであったり、覇権主義であったりして、自国の利益のためには血を流してでも奪い取りたいのか。
本当に情けない話でっせ。
魔女はんの力で何とかなりまへんかな\^o^/
風の旅人
2009/08/03 23:11
栃のミ^^さん今晩は

いつも楽しく歌っておられますね。
それと生声が何と言っても魅力的。
あの声聞いたらメロメロですわ\^o^/

さてこの歌もこの時期にこそ歌ってみたくなります。
戦争は愛するものを引き裂いてしまいます。
告発する意味でもこの歌はこれからも歌い続けたいと思っています。

トップページにカラオケにLINK出来るようにしてあります。
お好きな歌がないかチェックしとって\^o^/
いつでも遊びに来てや
風の旅人
2009/08/03 23:17
さつきさんいらっしゃい
いつも見てくれていたのですか
サンキュー
ワテもさつきさんのなまえは何処かで見たなあ
何処だったか忘れたけど、ブログも確か?覗いたことがあります。
後で探しに行きますが、分からなかった場合は認証してや

この平和な暮らしが何時までも続くように、メッセージソングはこれからも歌っていきたいと思っています。

ここは旅ブログが主ですが、記事にマッチした歌が有れば色々と載せています。
想い出の歌がありましたら、リクエストの方もお願いします。
今後ともよろしく。
風の旅人
2009/08/03 23:21
なんて・・
悲しい歌なんだろう。。
幸せなことに私は戦争を知りませんが、この平和を後に残る子供たちに伝えていかなければと思っています。
自分の命の大切さ、相手の命の大切さ・・
伝えていきたいですね。。
なんか・・ちょっとホロリとしちゃった><
素敵な歌をありがとう〜^^
ゆりこ
2009/08/04 01:03
私も戦争を身近では感じられなかった年代ですが、
愛する人を亡くす悲しみ、血を流さなければならない意味、
「あなたが大きくなったら 愛する人に二度と
歌わせないでちょうだい ママの子守唄を」
マンマも歌いますが、歳をとる毎に深くなるように思えます。
マンマ
2009/08/04 07:32
私は戦争を知らない世代
でも、戦争は絶対反対
わが子たちにも
小さい頃からそう伝えています
かっちゃ。
2009/08/04 07:48
ゆりこさんおはようさん

終戦の年に生まれたワテも、母に抱かれて防空壕に避難したと思います。
もしそこに爆弾が落ちていたら死んでいたでしょう。
人間の生と死は紙一重。

10人兄姉の10番目の子どもですので、父親は招集されない年齢でした。
その代わりお国のためだとせっせと子供を作ったのでしょう。
何のために?
お国のための兵隊を作るために。
10人生めば国家から表彰される時代でしたが、10人目のワテが生まれたのが終戦直前。
終戦がもう少し遅かったら表彰されていたでしょうが、そうなるともう一発原爆を落とされていたかも。

産めよ増やせよの時代ですから、国家というものは人の命も武器に置き換えてしまうほど恐ろしい時代ですよ。

この歌を戦時下で歌うとしたら、国賊扱いで逮捕されていたでしょう。
自由に歌を歌えるのも、平和な世の中だからですね。

先日京都で「日本母親大会」が行われましたが、そのメーンスローガンを紹介します。

命を生み出す母親は
    命を生み守ることを望みます
風の旅人
2009/08/04 10:14

マンマさんおはようさん
この歌を歌われるんですか。
一度聴いてみたいなあ

この歌は命の大切さ、命の儚さを歌っており、とても好きな曲です。
戦争は家族の絆そのものをうち砕いてしまいます。
今も世界中でこの歌の主人公がうまれています。
戦争は止めさせなければなりませんね
風の旅人
2009/08/04 10:19
かっちゃ。おはようさんです

この写真にある大津島でも遺品があります、鹿児島にある知覧特攻平和会館にも戦死した若者の遺品が展示されており、出撃する前に父母の残した遺書を読むと、母親への感謝と弟や妹には、父母を頼むと書かれています。
純真な若者を追いやったものは何だったのか。
それは当時の教育です。
死を美徳のように教え込まれたわけですね。
悲しいことです、二度と同じ間違いは繰り返して欲しくないですね
風の旅人
2009/08/04 10:37
スローガン・・
「命を生み出す母親は
命を生み守ることを望みます」
いい言葉ですね。
母親としての役割は、子供を産むことだけじゃなく、その命を守っていくことが大切ですね。
女は・・なんでも産むことができますから・・
家庭の平和、幸せを生み出すのは主に母親の役割だと思っています。
幸せな家庭に育った子は結婚しても幸せな家庭を築くことができます。
そうやって・・幸せな子供が増えれば日本だって世界だって、みんな幸せになることができます。
まずは・・夫に感謝だと思います^^
反省の日々でし。。(´-ω-`;)ゞポリポリ
ゆりこ
2009/08/05 20:44
ゆりこさん今晩は

母親大会が始まってからずっとこれがメーンスローガンです。
女性として子供を産み育てるだけじゃなく、安心して暮らせる世の中を作るためにも、女性たちは立ち上がっています。

今の時代は安心して子育ても出来ない状態ですね。
子どもを生みたくても生めないしゃかい状況です。
預けたくても保育所の数が足りないし、公立の保育所を潰し民間に任せてしまうなど、母親達の要求とかけ離れています。

子どもの成績のことで、今日のM紙夕刊で書いていました。
親の収入が200万円以下の子どもと、600万以上の収入がある子どもの教育格差は、なんと20ポイントの差が出ていると書いていました。

親子の対話も重要なポイント、家に本が置いてあることも子どもの成績アップに繋がっていると書いていました。

家庭内の環境は子どもの教育という面では、かなり大きなウエートを占めているようです。
夫婦が仲がいいのも、子どもが安心して物事に打ち込めるわけで、家の中が平和な状況が一番大事なことですね。
風の旅人
2009/08/05 23:34
この歌を聞いた時、ベトナム戦争の歌かと思いましたが、そうではなかったのですね。
森田公一さん作詞作曲。
戦争に行く人は皆が皆行きたくなくて、行きたくなくて駆り出されていったのでしょうか?
同胞のために、国のためにと自らを捧げた人はいなかったのでしょうか?
確かに多くの犠牲を出して、なにを得たのかといえば、今の世の体たらくですが、私個人としてはその一瞬でも捧げた意味を持たせたいのです。
無駄死なんかじゃない!
お国のために命を捧げた人たちが残したメッセージを思い、考え、これからの大きな生きる糧としたいと思うのです。
三の君
2012/05/10 18:13
三の君さんこんばんは
3年も前のこの部屋へようこそ。

この歌は平和をテーマに歌っています。
どんな名目であるにせよ、国が侵す大犯罪です。
人間が人間を殺す行為に是も非もありません。
すべて悪だと思っています。

国家の命令とはいえ人を殺しに行くことを、肯定したくありません。
そこで死んでいった若者には、家族も友人もいます。
死んで何を得るのでしょうか。
勲章ですか?
栄誉という名のお金でしょうか。
そんなもんはいりません。
必要なものはお金でもなく名誉でもなく、生きているための幸せです。

戦後66年がたちました。
その間日本人は戦争で死んでいません。
ある種の平和が保たれていますが、この国は今また元来た道に引き返そうとしています。
自衛隊を海外に平和という名で派遣していますが、やがて軍事的にも介入しようとするでしょう。
どこか間違っているいまの政治家。
平和を考えるうえでも、この歌はこれからも歌っていきたいと思っています。
風の旅人
2012/05/10 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・愛する人に歌わせないで 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる