心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 衆議院選挙真っ盛り

<<   作成日時 : 2009/08/27 19:08   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 23

今日は近所に住む老夫婦の話です。
おじいちゃんは94才、お婆ちゃんは89才が住んでいます。

先日おじいちゃんが歩けなくなったので、見に行って欲しいとの連絡が入りました。
おじいちゃんは補聴器をつけていてもよく聞こえず、いつも夫婦の会話は喧嘩腰。
それぞれの意志が通じないので、イライラが原因のようです。

家に行くとおじいちゃんは足を痛そうにしている
病院に行こうかというと頷きました。
何で此処まで放っておいたんだと聞くと、お婆ちゃんがなんとか世話が出来る間は我慢もしてきましたが、トイレに行けなくなって慌て出しました。

車を用意して近所の病院へ。
車椅子に乗せて診察室に入り、先生も症状見てびっくり。
早速痛め止めの注射と膝の水抜きをして貰った。

そして会計を済ませて家まで連れて帰ってきましたが、この間2時間チョイかかりました。
実は夫婦とも介護認定を受けていない。
介護認定を受けていないと、何をするのに自分でしなければならない。
日々の買い物から生活一般の雑用まで、すべて89才のお婆ちゃんにかかってくる。

お婆ちゃんも膝が痛くて、健常者が歩けば5分で行けるスーパーに行くにも、何度も休憩しながら買い物に行っています。
腰は90度に曲がっており、全然前が見えないのではと思うほど、前から車が来たらどうするのだろうか。
今のところ事故はないけれど、この先はたして大丈夫だろうか。
少々不安になっている。


おじいちゃんの病院通いは今後も続くでしょう。
腰が直角に曲がったお婆ちゃんでは、車椅子は押せません。
介護認定を受けていればヘルパーの派遣を頼めるし、車椅子も押してくれます。
しかし認定が低かったら、ヘルパーの派遣は1時間が限度かも。
今回のように2時間の付き添いだったら、あとの1時間は自己負担になってしまう。


今回の付き添いをしましたが、あくまでボランティア的なもの。
恒常的に出来るわけがないので、此処は認定を受けるように話してみたら了解してくれました。
早速知り合いのケアマネを通じて、介護認定作業をお願いした。

でも此処で問題が生じた。
認定が下りるまで1ヶ月から1ヶ月半もかかるという。
それまでは自己負担となるという。

夫婦で月10万円の年金生活で、家賃が45000円も払っている。
生活費として使えるのは残り4万円ほどで、これで自己負担はとても出来ない。
お金がある人には介護保険制度は良いものだろうが、貧しい庶民にとっては高嶺の花


衆議院選の政策は高齢者に優しい政治をと言うだけ。
医療保険は値上げされ、75才になると後期高齢者医療保険で強制的に徴収してしまう。
介護保険も入らなければならない。
出て行くばっかりです。
それで暮らしが安心して出来るのなら良いが、お金のない老人には死ぬと言わんばかり。


衆議院選挙が戦われていますが、医療費を値上げを押し進めたのは自公民でしょう。
後期高齢者医療制度に介護保険を押し進めたのは自公民でしょう。
目先ばかりのばらまき政治では、庶民の気持ちはわかっていない。
この国は何処に向かおうとしているのか。

財源がないから消費税の値上げをしたいと言っている。
この選挙では言えないから値上げは5年後からだと。

生活必需品には消費税をかけないで欲しい。
国民から消費税を取った分、大企業から同じ分だけまけてやっている。
これでは福祉に使うお金など出てこない。
結局今の政治は間違ったお金の使い方をしているだけ。

老人や子ども達が安心できる社会、これが一番国民のための政治だと思う。
今回介護の問題で少し首を突っ込んで分かりましたが、地域社会のあり方も含めて、老人問題は真剣に改善して欲しいと思いました。

明日は我が身です。
みんなで声を出して少しでも住み良い社会を目指して、考えてみる良い機会だと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
この歌私も好きです♪

本当に何処へ目線が向いているのでしょうね
ここでも毎日連呼していますよ「勝たせてください」と叫んでいるようにも感じます
実際にわが身が ちょっとだけ普通じゃなくなったとき
あぁ〜この国はやはり弱者には厳しい!と想いましたね
自分たちが高齢になったとき 誰が支えてくれるのだろうかと ちょっとまじめに考えさせられています(笑
お話に出ていた老夫婦 一日でも早く介護認定おりるといいですね
栃のミ^^
2009/08/28 08:59
栃のみ^^さんコンチャ
選挙で訴えていることが本当に実現できるなら、この国はもっと暮らしやすくなっています。
選挙の時だけのええ格好しいですから、選挙が終われば後は知らん顔。
これでは少しも良くなりません。

高齢化社会を迎えるに当たって、本当に暮らしやすい社会の実現が望まれます。今日も市の方から認定委員さんがやってきて調査をしましたが、老夫婦は出来る範囲のものは出きると仰っていましたが、実際は自分で世話をすることは難しいことでも我を張ってしまって、評価を下げてしまうようです。

89才のお婆ちゃんの買い物に行く姿を診て貰いました。
前を全然見ないで歩いていく姿勢に、交通事故にあっても不思議じゃないでと言っておきましたが、こんな所も評価して欲しいけれど、なかなか現実は難しいようです。
風の旅人
2009/08/28 12:31
>>医療保険は値上げされ、75才になると後期高齢者医療保険で強制的に徴収してしまう。介護保険も入らなければならない。
本当にそうですね。派閥争いみたいに内輪もめばかりしている
政治屋さんに庶民の何がわかるのか、もっと庶民の生活をしっかり見て、できれば体験して欲しいと思う。10数万の収入で、一年生活できますか?
やってみなさいよ・・・って感じです。
魔女
2009/08/28 14:51
>医療保険は値上げされ、75才になると後期高齢者医療保険で強制的に徴収してしまう。
介護保険も入らなければならない。
出て行くばっかりです。


母がまさしくこの状態。
容赦なく納付書が送られてきてます。
まだ一人暮らしではないので(弟と同居)飢え死にすることはないでしょうけれども。

お偉いさんたちは庶民の生活がわかるわけないんです。
大きなお屋敷でぬくぬくと育ってきた人たちなんですから。

ホームスティなんぞしてみたら?(笑)
下々の生活レベルがわかると思いますよ。

年収2百万円代で親子食べてってる人たちを見てみたらいいんですよ。
キウイ
2009/08/28 15:26
こんばんわ あ〜なんだか気が重い話です。だからといって知らぬ顔は出来ません。なぜかというと私たち夫婦もだんだんその年に近づいてきています。
うさこちゃん
2009/08/28 22:12
財源がないのではなく、無駄な使い方を正すべきですね。
このようなお年寄りはどれだけ居るかわかりませんよね。
天下りの給料払うなら、福祉に回せ〜っ!です
音流
2009/08/28 23:08
魔女はん今晩は
お怒りごもっとも

当選目当てのばらまき政治では、本当の改革は出来ません。
1万2千円の定額給付金なんか、何の役に立ったでしょうか。
景気が回復したように言っていましたが、今日のニュースでは完全失業率5.7%の最悪になったと報じています。

これだけの失業者がいると購買力は低下します。
低下すると景気の回復は望めない。
まさに悪循環。

こんな時に政権争いで汲々しているわけで、国民の目線に立ってものを考えていない。
国民の暮らしはどうなっているのか、よく見て欲しいものです。
風の旅人
2009/08/28 23:50
キウイさん毎度〜でおます。

低所得者が急増している現在、格差は寄り拡大しています。
先日ある統計が出ました。
生活苦の家庭ほど子どもの成績が悪い。

これって凄く酷いと思いませんか。
貧しくてもがんばれる子はいますが、貧しさ故に親子の会話もままならないわけで、子どもの教育まで親は目が届いていない。

現在親が首切りや倒産で、子ども達が高校や中には小学校にも行けなくなった子どもも出ています。
子どもに責任はなく、どの子も学ぶ権利があります。
垂れ流しの給付金より、こうした子ども達に援助の手を差し伸べてやってほしい。

老人介護の問題も深刻ですよ。
明日は我が身でもあり、今元気な内にこの問題を真剣に考えて行かねばならないと考えています。
風の旅人
2009/08/28 23:56
うさこちゃん今晩は

気の重い問題でも避けて通れない問題です。
それは我々が50代〜60代になっているからです。
早い人は50代で惚けも始まっていますし、中にももっと早い人もいます。

自分は関係ないだろうと思っていても、やがて誰もがボケが始まります。
その時慌てないように、今から準備をしなければならないでしょう。
その為には声を出すときは大いに声を出して、今の政治に対してNoを突きつける勇気も必要です。

少しでも暮らしやすい社会を作りたいですよ。
風の旅人
2009/08/29 00:00
音流さんコンチャ
無駄遣いの政治は止めて欲しい。
もっと生きたお金を使えと言いたくなりまっせ。

天下り官僚には退職金の他に、高額のポストが用意されている。
我々庶民の暮らしからすると、ムチャクチャ貰っているでぇ。
甘いポストの変わりに何があるのか、企業は天下り官僚の顔を利用して、官庁からの受注を増やすわけで、これで元を取れる仕組みになっている。
馬鹿を見るのは国民であり、これらの連中のために税金を納めている。

本当にこんな事は直ぐに止めさせるべきであり、甘い体質は許されません。
浮いたお金は福祉に回せば、どれだけの人が潤うだろうか。
生きたお金を使って欲しいですね。
風の旅人
2009/08/29 00:05
公共の電波でも、もっともっと訴えてほしいことです。
高齢化社会、厳しくなります。本当の政治の改革を、誰がやってくれるのでしょうね。ほんとに悲しい問題です。
以前も旅人さんはお年寄りを近所の男性が見られてる、というお話されてましたが、旅人さんのような優しい方が、困られてる方の近くで対応して下さると、ほんとに頼もしいですね。
マンマ
2009/08/29 00:37
マンマさん今晩は
マスメディアを使って連日大キャンペーンを這っているのは、政党助成金を貰っているからです。
国民一人当たり250円になると言われていますが、その税金を湯水の如く使って、宣伝に明け暮れています。

そのお金を有効に使ったならば、老人医療費や乳幼児医療費に回せば、どれだけ国民は安心できるか。
ここらにメスを入れて欲しい。
貰うのが当たり前になっている仕組み、それを是正しようとしない政党など論外です。

現在2件のお年寄りの相談を受けています。
直ぐに解決できればいいのですが、行政との交渉もあって直ぐに解決は出来ません。
今日も市の調査員がやってきて、介護認定の調査をしましたが、その時丁度居合わせたので参考意見を伝えておきました。

あくまで家族の声が重視されますので、申請に手心を加えて欲しいなどとは要求しませんが、あくまで実体をよく見て欲しいと伝えておきました。

94才のおじいちゃんと89才のお婆ちゃんですから、幾ら元気だと言っても89才のお婆ちゃんでは、家族の面倒を見るのはハッキリ言って辛いですよ。
そこの所を見て欲しいわけで、参考意見も考慮してくれそうでした。

このおじいちゃんは来週デイケアの無料体験を受けます。
お風呂に入れて貰って食事してのサービスが受けられるので、久風呂のお風呂にホッとされていました。

こうしたサービスを介護センターと連携して取り組むことで、少しでもお年寄りが喜んでくれたら、やっている方も嬉しくなります。
風の旅人
2009/08/29 00:48
世代の違いなのか、背負ってるもののちがいなのか
ほんの少し 違和感を覚えてブログを読みました
「民主党支持者」?

私はすべてを捨てて 
夫の両親と自分の母の老後を世話するために
今の生活をしています

確かに老人にきびしい世の中になってます
子育てにもきつい世の中です

でもね、親がきちんと子を育て 社会に出し
その子らがきちんと就業して 子を持ち
親の老後を世話していたら
こんな状態になってないでしょうね

目先の幸せに執着して 何の残さなかったわが友人たち
私たちの世代が バブルを忘れらず 
この世を悪くしたかもしれません

税収が減ったのは、20〜30代が稼がないため
法人税を多く徴収したら 
ますます雇用は悪化しますよ

三人の高齢者の生活を見ている私にとって
民主党は、脅威です
かっちゃ。
2009/08/30 21:09
かっちゃ。今晩は
何処にも民主の支持者ななて書いておりまへんで。
それどころか今の政治は自民・公明の連立政治は、老人医療費は上げるわ、後期高齢者医療制度でますます病院に行けなくさせています。
介護保険も金持ちの老人には利用できるでしょうが、貧しい一般庶民には介護を受けたくてもお金がありません。
一見老人にはいい制度のように思えるでしょうが、お金があってこその制度です。

同じように障害者自立支援法にしても、言葉だけ読めば障害者の自立に役立つのかなと思われますが、障害者が施設で研修を受けて、社会に出て働ける場として技術を身につけていくわけですが、今まで研修費用は無料だったのが、この制度によって有料化されています。

技術を学ぶにはお金がないと学べない、つまりお金持ちの障害者は技術指導を受けられますが、貧しい障害者は支払うお金がありません。

施設で働いてわずかな賃金を得ても、利用料を払えば幾らも残りません。
その額は1ヶ月働いて何千円という話も聞いています。
これが今までの政治でした。

生産農家は外国からの輸入で、大変な思いをしています。
国内の自給率は下がる一方です。

不況で大量に首を切られた労働者、大企業の内部留保はのもすごくあります。
それが不況だと言ってさっさと労働者の首を切ったため、年末に派遣村が出来ちゃ程、フォームレスが増えましたね。
風の旅人
2009/08/30 22:28
年金制度が脅かされている原因の一つに、若者を正規雇用をしないで派遣や請負、アルバイトで賄っているため、雇用保険に加入したくても掛け金が払えないからです。
その根本に労働者派遣法も改悪がありました。
これに賛成したのが自・公・民・社民です。
若者が首を切られたら、消費比率はますます下がります。
これでは不況は改善されません。
景気回復にはまず雇用の確保が最前です。
大企業が大量の雇用を回復させない限り、この国の根本的な回復は期待できません。
風の旅人
2009/08/30 22:28
ん・・・・・
ちょっと、争点がそれてる気がします
老人に対する制度、云々ではなく
「なぜ、家族が面倒見ないの?」って話です

若い人が派遣に走ったのは、政治が原因??
違うと思いますよ。
「楽で稼げて短期が良い」って選んだのはだれ?
小泉政権に踊らされずに 安くともひとつところで
つらくとも・・・頑張ってた子達は
それなりに、暮らしてます。
退職して「派遣に逃げた子」らを同情しながらも

保険屋やってるとね〜色んな世帯の実態が見えるんですよ

今の若い人たいの話をきいてみて

かっちゃ。
2009/08/30 22:58
かっちゃ。おはようさん

民主党が脅威と言いながら、じゃあ今までの自民党政治が良かったのだろうか。
そこにこの問題が潜んでいるように思えるが。

子供が親の面倒を見るのは当たり前だという考えは、遙か昔から日本では延々と続いてきましたが、最近それも崩れようとしています。
それは何故なのか?
安心して暮らせるだけの仕事がないためではないでしょうか。

先にも書きましたが労働者派遣法の改悪で、若者は正規雇用の道が狭くなって、大学を出ても批正規雇用やフリーターにしか職に就けない時代です。
それが全て若者の責任のように書いておられますが、正規労働に就かないと賃金でも差が出てくるし、何よりも権利そのものがない不安定雇用です。
景気のいい時は仕事がありますが、一度景気が悪くなると真っ先に首を切られる。

昔から農閑期になると地方からの出稼ぎ労働者も増えてきます。
現金収入の少ない地方の農村では、少しでも現金収入の道を求めて家族と別れて都会のでてきます。

大企業は安く人件費を押さえるために、この制度を使って今まで肥え太ってきました。
企業が儲けるためにはどんな悪法でも作ってしまうのが、これまでの自民党政治でしたが、戦後64年間続いた政治がこれからどのように変わるか、期待したのが今回の国民の意思ではないでしょうか。
風の旅人
2009/08/31 08:30
恐れているものが果たして現実なのか、性急に結論を出すのは早いのではないかな?
民主党が進める政治が100%信用は出来ません。
しかし今よりましなましな国造りをしてくれると信じたのが、今回の選挙じゃないでしょうか。

子供が親を見ると言うことも、生活の安定があればこそで、都会でも地方でも安心して暮らせる環境ではないですよ。
ワテの周りにも就職試験に10数度挑戦しているが、採用されないと嘆いている青年がいます。
仕事がないとお金がない、まずは食べるためには仕事を選んでいられない。
若者の雇用状況は深刻です。
親の面倒を見たくても若者を取り巻く環境は悪すぎます。
仕事がないために親に食わせて貰っている人もいます。

今まではフリーターの方が一時的に賃金が高いので、安易にそちらに流れた人もいます。
景気がいいときはそれでも良かったが、景気が悪くなると直ぐに首切りの対象になります。
安直な暮らしを求めた青年達が、やがては年金制度を危機にさらしてしまうことになったが、今さえ良ければいいかのような考えにさせてしまった社会の風潮にも、大きな問題がありますね。
風の旅人
2009/08/31 08:30
どうやら、都会と地方とでは
状況が全然違うようですね
出稼ぎも私の知ってる実態とは違うようです
世間知らずです、すいません

近所の子達は、農業、漁業を頑張ってる
家業を継ぐ子が増えてきたんですよ
仕事がないおかげで。
はっきり言って こちらの猟師&農家は、金持ちです。

汚い、つらい仕事を逃げて都会に言った人たちが
今は、戻ってきて助かってるのも田舎の実態でした

自民党が良いと一言もコメントしてません
政党政治に期待してません
自助努力するのみです

かっちゃ。
2009/09/01 22:16
青森の方が地場産業が息を吹き返してきたようですね。
それで若者が都会を離れて、郷里の仕事に従事できるのはとても良いこと。
若者が増えると町は活気ずきます
若者に生き甲斐も出来て、将来設計も成り立ちます。

しかし仕事がない都会では、若者は職探しに躍起になっており、中小の経営者や仕事にあぶれた人たちの自殺は毎年増えている。
こんな状態の中で必死にもがいている国民がいる中で、他方では華やかな宣伝に踊らされて買いあさる人たちもいる。
格差が益々大きくなってきており、勝ち組まけ組なんて嫌な言葉も聞かれます。

そちらの猟師&農家?
漁師の間違いじゃないのかな

間違いの字句はどうでもいいけど、とてもその方達が全てお金持ちとは思えませんが、漁業も農業も見た目は儲かっていそうでも、内実は網を買ったり船を買ったり、大型の農機具を買ったり肥料を買ったりして、結局は消却に追われて大変だと聞いています。

国の政治が弱者に優しい政治をしてくれたらいいけど、金持ちには優しく貧乏人には酷い政治をしています。
自分の周りだけを見ると、いい暮らしをしているように見えるでしょうが、国全般を見るととても暮らしやすい国とは思えないなあ
風の旅人
2009/09/01 22:39
揚げ足取り・・・どっかの政党みたい 笑

保険屋は、家計のアドバイザー
内情をしっかり把握できなければ
財産管理は、できません。

見た目で判断してるのは、風さんでは?
実際の暮らしぶりを見たわけではないですよね?
田舎暮らし、したことあります??
穏やかで、自給自足で
自分の所得の少なさを政治や何かのせいにする人なんていない
すべて自己責任

「すべては必然である」

私は、人を見る目もないようです

かっちゃ。
2009/09/02 23:44
>揚げ足取り・・・どっかの政党みたい 笑

ホンマやなあ
まあええけど

保険に入れる人って保険料を家計費から払える人。
自殺を考える人は別にして、払えるって事は一応生活苦じゃない。
顧客の財産も含めて生活程度が垣間見える保険屋さん

その日暮らしの人は保険には入れないでしょう。
失業や賃下げになってしまったら、保険を解約しなければならない。
ワテの周りには保健代金が払えずに、解約してきた人をナンボでも知っているで。
そのほとんどが借金まみれ。

幸いにもかっちゃ。の顧客には、そう言う人はいないと見える。
生命保健代を修めて老後の設計などが出きる人ばかりかもしれないね。

それはそれで素晴らしい地域なんだが、ワテの住む町にはどういう分けか貧乏人ばかりが住んでいるようだ。
このブログでも2度も登場した寝たきりのお婆ちゃん
http://kazeoyazi.at.webry.info/200907/article_21.html
この話でももう一度読んどくれ。

このくそ暑い都会の夏に、何ヶ月も風呂に入っていない
同じような人がもう一人います。
介護認定も受けてないので、デイケアサービスも受けられないが、受けたくても払えるお金がない。

かっちゃ。は足の踏み場のない家に上がったことがありますか?
何年も洗濯していない衣類が、布団の周りに放ってある。
これ誰が洗濯するの?
結局誰も洗濯してやれない。
風の旅人
2009/09/03 00:07
現在親切な近所のオッチャンが世話をしているが、このオッチャンさえ障害を持っている人。
見かねてスーパーに食料を自分の分と一緒に、買いに行ってあげている。

保険屋のおばちゃんの世界には、こんな酷い暮らしをしている人なんて顧客にはいらっしゃらないでしょう。
この現実の暮らしを見ていると、やっぱりもっと弱者を大切にして欲しいと願うばかり。
お金持ちが優遇される社会なんかいらない。
人が人として大切にされる世の中をワテは望みます。
風の旅人
2009/09/03 00:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
衆議院選挙真っ盛り 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる