心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなところに・・・

<<   作成日時 : 2009/06/27 23:08   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

近くの公園に行って来ました。
先日スケボーを撮った同じ公園でのことです。

こんな葉っぱがありました。
ハート形の形をした葉です。

画像



この葉はカツラの木
この葉は京都の葵祭の飾りの葉にも使用されるとか。

画像



公園の一角で親子が集まっている
何をしているのかなあ


画像



大人も子供も下の穴を覗いている。
網を持った人や白い糸を垂らしているおじいちゃん。
こんなブロック積みの下に何かいるのか。
小さな穴の下に何かがいるんだ。


画像



女の子も白い糸を持っている



画像



白い帽子を被ったお母さんも頑張っている。


画像



手元を見るとなにこれ?
ソーセージ?


画像



それを紐でくくりつけて下に落とす。
イカの足も括っているぞ。


画像




やった〜〜なになに・・・何が入っているのかなあ


画像



釣れたのは子ども達の大好きなザリガニ。
容器を見ると一杯捕まえている。


画像



此処は遊水池
大雨が降ると河川は洪水となって下流を襲い、大きな被害が発生します。
それを食い止める役目がこの公園です。
大水が出るとこの広場に集めて、大きな池に変わります。

しかし普段はこの公園は子ども達の遊び場です。
小さな水たまりはザリガニの住処。

それをいち早く発見した子ども達は、この穴場を絶好の遊び場にしてしまった。
ザリガニを捕っているのを子ども達は見逃しません。
休みの日になる親子でやってきて、釣り糸を垂らしています。

隣の小さな池では、子供よりお母さんが張り切っている。
小さな虫取り編みで小魚をすくっているのでしょうが、そう簡単に捕まえられるかなあ

画像




画像



家族みんなでやってきて、子どもよりも大人の方が夢中なのは、今も昔も変わりないようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしい風景ですね〜〜。('-'*)オハヨ♪ございます。
親子で・・・兄弟で・・・友達と・・良く遊びました
ザリガニって居るんですね!!
都会では知らない子も多いのでは??
私も孫を連れて行ってみようかしら??
自然とのふれあい大切に、大切にしたいです
ほほ笑み
2009/06/28 08:13
ほほ笑みさんおはようさん
やっと梅雨空になったようです。
今週は雨のようですね。

この写真を見る限り、子ども達よりお母さんの方が必死。
この場所は池でもないし、水たまりに近い場所。
しかし何処かで水路と繋がっているのかも。
こんな場所にザリガニがいるとは驚きました。

子供は遊びの天才です。
小さな生き物を求めて、今日も何処かでこんな風景が見られます。
子ども達は自然の中で命の大切さを学んで欲しいですね。
風の旅人
2009/06/28 10:05
お早うございます。
私も夢中になる大人の一人です。
去年の夏は孫と近くの農業用水路で「メダカ」すくいを楽しみました。
今年ももっと沢山メダカを増やしたいので、
行ってみようと思ってますよー。
アスモちゃん
2009/06/28 11:11
アスモちゃん毎度〜
メダカも少なくなって、なかなか棲息していないけど、近くの用水路にいるのですか。

川に行けばメダカが網ですくえましたが、今ではメダカが棲息できる環境も減ってしまって、なかなか見ることもありません。

お孫さんを連れて獲りに行って、是非とも沢山増やしてください。
風の旅人
2009/06/28 16:09
小学生の頃ザリガニ釣りをしました・・・
写真を見てすぐ分かりましたよ^^V
結構面白いんですよねぇ〜
子どもたちに混ざって大人たちも楽しそうですね
ミイ
2009/06/28 20:11
ザリガニといわれているのはアメリカザリガニですね〜。
でも近年数が少なくなっているようですね。
息子達が幼少の頃は近くの用水でよく採っていました。
懐かしいです。
日本ザリガニは成長しても6cm程だそうです。








nana
2009/06/28 20:48
ミイさん今晩は
ザリガニ釣りには昔からスルメが一番
しかしソーセージなんかを使っている親子を見て、最近は贅沢でんなあ

ワテの頃なんか釘を括って釣ってました。
1匹釣れたら後は共食いや
それでいくらでも釣れました(笑)
風の旅人
2009/06/28 21:01
nanaさん今晩は
日本固有産のザリガニをテレビでやっていましたね。
たしか東北しかいないとか。

日本には戦後にアメリカザリガニが入ってきて、急速に増えました。
今ではザリガニと言えばこのアメリカザリガニですね。

最近は野池も減ってきて、余り見かけなくなりました。
風の旅人
2009/06/28 21:04
風の旅人さん:オハヨウございます。

我が家の近くの「せせらぎの小路」にも沢山います。
孫達とザリガニ釣りに行きますが、側に大きな錦鯉がゆったりと泳いでいたり、たまにはシラサギが餌を啄んで居る時があります。
餌は「裂きイカ」です。
ザリガニは取りますが鯉の稚魚を取る人はいません!
愛ちゃん
2009/06/29 06:42
おはようございます。
これは楽しそう!わたしも夢中になりそうです。
小魚は眺めてるだけでも和みますね(^ー^)
はこふぐ
2009/06/29 08:02
愛ちゃんおはようさん
せせらぎの小径ですか。
いい愛称やなあ

子ども達にはザリガニは宝物ですね。
小さいときから生き物に接するのは、良いことだと思うね。

やっぱり横浜でも裂きイカですか
日本全国余り変わらないなあ(笑)
風の旅人
2009/06/29 08:12
はこふぐさんおはようさん
魚好きのはこふぐさんなら夢中になれるでしょう。
なんせ餌はイカだけに、触っても気持ち悪くない。

大人の方が夢中になる遊びですよ
子供より親が遊んでいました。
風の旅人
2009/06/29 08:14
素敵な瞬間を切り取られましたね!

ほんまに夢中になるのは大人も子供も同じこと!
いっしょに楽しんじゃいましょう!!
日向 夏生
2009/06/29 13:33
日向さんコンチャ〜

子供は遊びの天才、それは今も昔も変わりません。
此処では足を踏み外して落っこちる心配もないので、安心してザリガニ釣りが楽しめます。

オッチャンに貸してみぃと思わず言いそうでした(笑)
風の旅人
2009/06/29 14:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
こんなところに・・・ 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる