心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 動くものを撮る・滝の場合

<<   作成日時 : 2009/06/25 22:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 16

前ページでmamaさんから、川・噴水・滝の撮り方を教えて欲しいとの
書き込みがありました。

そこで今回は滝についてどのように撮るのか、実はNHKで最近シリーズで
放映していました。
その映像をお借りして参考にしていただけたらと思います。



先ずカメラの設定です。
コンパクトカメラでも一眼レフカメラでも撮り方は一緒です。

用意するもの
三脚と及びレリーズ(シャッターを押す道具)

流れ落ちる滝を目で見ると、簡単に言えば水はザーと落ちています。
このザーッと落ちる滝を、いかに芸術的に撮るかと言うことになる。

その為には水の流れを固まりではなく、白糸のようで真綿にくるんだように撮りたいわけです。
チョッと表現が違うかな(笑)

その見本をお見せしましょう。


画像

写真はNHKで放映されたものです。


右側の写真はオートで撮るとこんな感じになります。
しかし左側の写真は水の流れが柔らかく見えます。
こんな風にmamaさんは撮りたいのでしょう。
そこでこんな風に撮るにはどうするか。

まずカメラのシャッタースピードの設定です。
此処ではシャッタースピード優先モードを使います。


まずはカメラにはダイアルがついています。
オート、P、Tv、Av、M、顔マーク、花マーク、風景マーク、スポーツマークなど。


画像

コンパクトカメラ



画像

一眼レフカメラ


このダイアルの中にあるTv(シャッター優先モード)を使います。
ダイアルをTvに合わせて、シャッタースピードを変化させてみます。
液晶画面に数字が出ています。


画像

500/1秒


これは500分の1秒のスピードでシャッターが切れます。
少し動いていても、止まっているように撮れます。
最高は4000/1などもあります。


画像

0.8秒のスピード設定をしてみました。


動きのあるものを動きを生かす撮り方です。
滝の撮影にはこのような遅いシャッターを切ります。

しかしシャッターが遅いと言うことは、開いている間に手ブレは禁物です。


画像

悪い見本です。


これを防ぐのが三脚です。
しかし三脚を使ってもシャッターを押すときに、多少なりと力が入るためにブレが生じます。
そのために手でシャッターを押すのではなく、レリーズを使って直接手で押さないようにします。
まあ普通は何とか手でやっていますが、あった方が便利ですね。


画像

2秒間です


どんなときに使うのか、蛍の飛んでいる時期ですね。
仄かな光を捉えるにはこのくらいシャッターを開けた方がいいかも。
でも周りが明るすぎると、これだけ開けると露出オーバーになっています。
星を撮影するならもっと長時間の露出が必要ですが、それらはケースバイケースです。


このように撮った写真を見てみましょう
またNHKから画像を借ります。


画像

写真はNHKで放映されたものです。



右側が125/1秒です
左側が4/1秒で撮ったものです。

この二つを比べて見るとどちらがいいか、よく分かりますね。

シャッタースピード優先モードは、シャッターのスピードを決めると、絞りは状況に応じて自動で決まりますので、取りあえずは安心してください。


でも滝の周りが明るすぎると、何となく周囲の岩肌の感じが気になります。
もう少し暗く(黒く)したい
そう言うときはさらに補正機能を使います。


画像

写真はNHKで放映されたものです。


この写真のようにメモリを中心から左方向に寄せると暗くなります。
刻みを少しずつ変えて撮ってみるしか有りません。
その場で画像を確認しながらやってみて下さい。

そうして撮ったのが次の写真です。


画像

写真はNHKで放映されたものです。

0.2秒で絞りはF20です
それに3分の2補正です。

NDフイルターは暗くする効果があるので、装着すると効果があります。
川の流れも噴水の様子も、シャッタースピード優先モードでお楽しみ下さい。

このようにシャッタースピードを変えることで、今日からあなたも芸術家\^o^/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。わ〜ッ!早速ありがとうございます!
シャッタースピード優先で、是非撮ってみます。三脚を先ず購入して、出かけます。いい絵が撮れたら、ブログアップします。「柔らかい水」夢です!
何度も読み直しました。有難うございました!楽しみが増えそうデス。
mama
2009/06/26 02:18
mamaさんおはようさん

NHKではデジカメ講座やパソコン講座をやっており、見ていると結構役に立ちます。
今回は同じテーマでやっていたので使わせて貰いましたが、写真にあるようにこんな封に綺麗に撮るのが夢ですね。
滝を目の前にしたときは、シャッタースピードを色々変えながら、何枚も撮って試してみてください。
自慢の作品が撮れたら是非アップしてください。
楽しみにしています。
風の旅人
2009/06/26 06:21
私も、NHKの講座を見ました。テキストもありますが、
ここまで詳しく説明して頂くと、NHKよりも良く解ります。
チャンネル「旅人チャンネル」にします。

とにかく実際に撮ってみることですね。
多分↑のmamaさんは私の知り合いのmamaさんでしょう。
二人で話し合います。

旅人さん、質問が多くなって旅に出かける時間が無くなりませんか。
私も、聞いてみたいことがたくさ〜んあります。
ネモフィラ
2009/06/26 11:27
はじめてコメントします。dreamです。
私も近くだったら教わりに行きたいです。
遠いので残念です・・・。
dream
2009/06/26 17:08
風の旅人さん!
いっしょにカメラ&パソコンの講座サイト作りませんか?
かなり本気だったりして!(笑
日向 夏生
2009/06/26 17:32
こんばんは・・
素晴らしいカメラ講座有難うございます
早速メモ撮らせて頂きました・・
私は何時も我流で唯がむしゃらにシャッターを押すのみの・・
悲しいカメラマンです〜〜
本当にお近くならお手解き戴きたいで〜〜す
之からも色々お教え下さいませ・・ヨロシクお願い致します
「はな」
2009/06/26 22:25
こんばんわ 早速私のところに来てくださってありがとうございます。言われるままに岡山のところを見ました。詳しく取材されておられるので、感心しました。私の知らないことがいっぱいありました。これから、他のところもゆっくり見てみます。
うさこちゃん
2009/06/26 22:57
ネモフィラさん今晩は
NHKのこの講座は役に立ちますね。
時には目から鱗なんて事もありまよ。

↑のmamaさんはピンポーン
二人で勉強しあうのも良いことですよ。
オフ会で山形に撮影旅行に行ったときは、地元のtaeさんやnikoさんなどから学んだことも多かったですよ。
同じ目的で撮影すると、違いがよく分かります。
家が近いようでしたら、一緒に撮影行かれると良いですよ。
風の旅人
2009/06/27 00:00
dreamさんいらっしゃい
初めてでしたか?
もう何回も登場されている方だと思っていました。

家が遠くても分からないことがあったら、コメント欄を使うって質問してください。
勿論ワテにもわからない事だらけですが、我が優秀なスタッフの誰かが教えてくれるでしょう。
遠慮しないで書き込んでや。
風の旅人
2009/06/27 00:04
日向さん今晩は
公開講座ですか?
それはチョッと自身がない。
何でも来いというほど詳しくないので、自分の知っている範囲でお答えするくらいです。
日向さんはかなり専門的なので、コッチの方が教えて欲しいですよ。
風の旅人
2009/06/27 00:06
「はな」さん今晩は
花さんは遠くないですやん
京都なら直ぐでっせ。

一緒に何処かに撮影に行って、撮り方などを参考になさったらどうでしょうか。
それにブログに質問をすることです。
質問されるとこちらも調べなくればならない。
今回のように参考になる講座が有れば、利用した方がわかりやすい。
まだまだ知らないことだらけです。
一緒に勉強しましょ。
風の旅人
2009/06/27 00:11
うさこちゃん今晩は
岡山のアチコチに出没しているでしょう。
いつでも岡山を案内しまっせ。(笑)

岡山なんかそのきになれば、いつでも飛んでいきまっせ。。
まるで庭みたいなもんですわ。
風の旅人
2009/06/27 00:12
すっごく参考になります。
忘れることの方が多いので、(^^ゞ時々こうやって通信教室
やってくださ〜〜い。お願いします!!
魔女
2009/06/27 12:09
魔女さん久々に登場でんなあ
ご苦労さんでした。

NHKのデジカメシリーズやパソコンシリーズは結構参考になります。
そうした中から皆さんのリクエストに添って取り上げるには、格好の材料になります。
言葉だけでの説明ではもう一つわかり難く、写真を添えるとずいぶんよく分かると思います。
これからもリクエストが有れば随時取り上げてみたいと思います。
風の旅人
2009/06/27 12:25
今迄、いい加減に写真を撮って居たのが恥ずかしいです。
同じ景色でも撮り方でこんなに違いが出てくるんですね?
愛ちゃん
2009/06/27 22:31
愛ちゃん今晩は
これまで滝を目の前にして、ただ何となく綺麗〜〜でパシャしてきたことが、勿体なく感じるでしょう。

撮り方を工夫することで、こんな風に撮れるとしたら、これからの写真の撮り方の姿勢も違ってきます。
こんな風にはなかなか撮れませんが、工夫次第では撮れるかも知れません。
頑張っておくんなはれ。
風の旅人
2009/06/27 22:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
動くものを撮る・滝の場合 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる