心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS デジカメ教室・動いているものを撮る

<<   作成日時 : 2009/06/22 23:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

デジカメで花などの静物を撮るのは、皆さんも上手に撮っておられます。
今回は動いているものを狙ってみました。

近くの公園に行くと、動いているものは随分あります。
ランニング中の少年がいました。
段々近づいてきます。
これを連続写真で撮ってみるにはどうするかが、今回のテーマです。

画像



逆立ちを練習している少女がいました。
チアガールの練習かもしれません。


画像



スケボーで遊ぶ少年がいました。
連続して撮るには格好の材料です。

画像



スタート地点にいる少年を追ってみました。
望遠レンズで撮るため、まずは全体の雰囲気を出すために広角で撮ってみました。


スタートして滑走に入ります。

画像



少しずつ近づいてきます。


画像



間もなくジャンプ台に入ります。


画像



ジャンプの直前の緊張した顔


画像



エイヤー〜ジャンプ


画像



着地
ちょっと板がずれているかな?


画像



着地失敗
残念

画像



とまあ連続で撮りましたが、写真を見てお気づきでしょうか?
何がって?
イケメン少年???そんなんとチャウでぇ

望遠レンズの焦点はそのままで撮っていません。
少年の位置に合わせて焦点をずらしています。

どうするのか理解できない?
実はズームレンズを徐々にアップの方向に移動しているのです。

瞬時にピントを合わせる必要が出来ますね。
ピントを合わせないとピンボケの写真になってしまう。

動きのあるものといえば、子供の運動会などがあります。
一瞬を捉えるには、デジカメのダイアルをスポーツのマークに合わせればいい。
しかしこれでは高速シャッターは切れるが、動きが止まってしまう。

こんな時に対応するのがデジカメの良さ。
動いているものをピントを合わせながら、シャッターが切れる機能があります。

それはカメラメーカーによっては言い方が違うかも。
Canonの場合

「動いている被写体を撮るときはAIサーボAF」

撮影距離が絶えず移動する場合
動態予測機能でカメラに向かってくる、又は遠ざかる被写体にピントを合わせ続ける
露出は撮影直前に決まる。
とまあええ機能でっせ。

設定は次の通り
AFモードには次の3つがあります
ONE SHOT 通常モード
AI FOCUS  自動で瞬時に判断する
AI SERVO   連続して動きのあるものを撮る

この中でAI SERVOに合わせて撮っています。
これも慣れないといけません
何度も何度も挑戦すると慣れてきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど〜!

私、カメラの説明書を読んで、着陸や離陸する航空機を連続して撮ることに挑戦してみましょう・・。(笑)
旭川3sen6gouの まりあ
2009/06/23 10:43
まりあさんのHNはエライ長いなあ
何か意味があるのかなあ\^o^/
これって住所かな(笑)

旭川空港に陣取って、離着陸の飛行機を狙うのも面白いかも。
夜間は飛び立たないのかな?
光の光線が綺麗な円を描きますよ。
でもローカル空港だから、そんなに飛ばないかな

馬の写真があったじゃない
冷え込んでくると白い息を吐く瞬間を、追っていくのも面白いかも。
いいのが出来たらアップしてください。
風の旅人
2009/06/23 11:24
今日も雨、何処へも行けず 旅人様の所に旅してきました。

「動く物を撮る」大変参考になりました。(kanonです)
まだ実行したことありませんが、撮ってみたいと思います。
連写で良いのですか。AFモードは「AIサーボAF]ですね。
レンズは動かさなくて良いのでしょうか?
やっぱり失敗を恐れず経験積むことですね。
ひとつお聞きしたいことがあります。
蝶などを撮るときのAFモードも同じでしょうか。


ネモフィラ
2009/06/24 12:28
間違えました〜canonです。kanonなんてメーカーはありませんね。
ネモフィラ
2009/06/24 12:32
ネモフィラさん今日は
大阪は朝には雨も上がり、今では日が差しています。
関東は午後も雨模様ですね。

動くものと言っても色々あるわけで、愛犬が飛び込んでくるとか、子供の運動会など動くものは数多いですね。
この写真の少年の顔の表情をよく見ると、ジャンプする瞬間は表情が緊張しているのが分かりますね。

連写機能を使うと瞬間の写真は撮れますが、ピントが合っているかというと???ですね。
同じ位置で動きのあるものはピントはほぼ一定ですが、移動している場合ではピントがズレてきます。
その点を補正するのがこのAFモードの「AIサーボAF]です。

蝶々の場合は花に止まりますから、連写もしくはシャッター優先モードで高速シャッターでも大丈夫でしょう。
レンズを動かす時は、対象が移動する場合ですね。

まあこれも何度も練習して覚えるしか有りませんね
風の旅人
2009/06/24 14:52
はじめまして!

こんな感じで実際の使い方を説明するのはとっても分かりやすくて良いですね!
またいろいろと教えてください! よろしくお願いいたします!
日向 夏生
2009/06/24 23:05
日向さん今晩は
ようこそいらっしゃい。

デジカメを使いこなすには、マニュアルを読むしかないのですが、これがなかなか面倒くさくて使いこなせない。

そうした中でこの機能はいいぞと思うものをピックアップして、実際撮ってきた画像を使って説明しています。
少しでも皆さんの役に立てると嬉しいですね。
過去にも色々実験しています。
良かったら古いページも覗いてください。
風の旅人
2009/06/24 23:13
新人に近いmamaです。
ネモフィラさんと同じKissx2です。
川の流れや、噴水、滝等を撮りたいと思っています。
説明で、少し解ったような気が致します!
これからは、ワクワクしながら、拝見いたします。
宜しくお願いいたします。
mama
2009/06/25 13:21
mamaさん今晩は
一眼レフ使っているんだ。
バッチシ撮ってますか\^o^/

川の流れとか滝などを撮りたいわけですね。
次回に取り上げてみましょうか。

ではいま少しお待ち下さい。
風の旅人
2009/06/25 21:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デジカメ教室・動いているものを撮る 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる