心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 100畳の大凧が天空に舞う

<<   作成日時 : 2009/06/03 01:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

風の神様〜〜お願い〜〜
風の女神さんたち3人も必死にお願い〜〜が効いたのか、12時40分に100畳の大凧は所定の位置に移動しました。

画像


この日の風は朝から6〜10mくらいの強い風が吹いていた。
100畳の凧揚げは風速6mくらいが一番良いのだが、時折吹く風は10mちかくの強い風が吹いていたのでは。


画像




過去の記録を見ると風なしの日もありました。
風が全くないと風の神様にお願いするしか有りません。
必死の祈りで何とか風を分けてください〜〜

しかしこの日は強い風が吹いている。
準備中に3度も竹竿が折れる事態もあって、見ていることらも緊張が走ります。
そしていよいよ風を受けて、さあ大空へ〜〜〜飛び立て〜〜〜
指揮者の手が上がった。
さあいよいよ大空へ飛び立て〜〜


画像


徐々に大凧が立ち上がります。

画像


慎重にさらに立ち上がります。

画像



そしてスタンバイOK


画像



揚がった 揚がった アチコチで拍手もわき起こります。
その模様を実況中継でどうぞ。






画像



画像



風を一杯受けて見事大空に飛び立ちました。
朝からのどんより曇っていた空に向かって、100畳の大凧はぐんぐん上昇していきます。


画像


100m  200mの大空へ


画像


引き綱を持つ100人以上の人たちの手によって、大凧は見事に愛知川の河川敷に舞っている。
1分経過、3分経過 そして昨年の記録3分35秒をアッサリと抜いてしまった。

5分経過 びくともしない堂々たる風格。
青空が次第に拡がってきました。
先ほどまで落下の危険があったため、周辺地域一帯が立入禁止になっていたが、安定した姿に通行許可が出ました。


画像



なんせ700kgの大凧ですから、人の上に落ちてきたらひとたまりもない。
その為の通行禁止処置だった。
後ろ側から見ていても、判字文の絵柄が見えないので、前方へと移動開始。


画像


堤防を歩くこと300mくらい
一番前まで来ると最後の弾き手はこの大型の作業車
昔はクレーン車を使っていたが、今年はこの車にがっちりロープが結ばれている。


画像



画像


青空が一面に拡がって、100畳の凧の堂々と浮かんでいる。


画像


多くの努力の賜であろう。
そこで大凧のデータです。

・大きさ    縦13m・横12m
・重量     約700kg
・使用青竹 6寸竹 約50本
・使用和紙 特製手すき美濃和紙 90cm×60cm 360枚
・使用のり 18リットル
・製作延べ人数 約600人
・製作日数 約1カ月
・飛揚必要人数 約130人




画像


保存会の人たちってどんな人なんだろう?
そこで注目の激写


若いお嬢さん達もぎょうさん参加されています。
みんな小粋な姿に、カメラマンの視線も熱いはず。
勿論ワテも狙いましたがな(笑)

画像



それぞれ係りがあって、手際よく動いている。
この日をどれだけ待っていたか、その意気込みが伝わってきます。


画像


10分経過


画像



20分経過

画像



順調に揚がっていた大凧がアッという歓声の中、突然空を切った


画像



画像



画像


キリモミ状態になって・・・・あぁぁぁぁぁ落下するぅぅぅぅぅ


画像



画像


記録は21分53秒でした。
ようやったようやったと拍手もわき起こる。

画像



しかし落下した角度が悪くて、竹骨が随分折れたようだ。
現場に駆けつけてみると、一部ではかなりの損傷。
この日もう一度揚げる予定だったが、この状態では今年は無理と判断。


画像



画像


画像



画像


結局最後は縦骨を抜いて、丸めて凧はトラックへ。


画像


過去の記録では最長2時間5分の記録もあります。
この日の記録は歴史に残るものでした。


会場で同級生のTさんに会いました。


画像



会場で青少年補導員のボランティアをされており、明るい笑顔がとても素敵な方で、忙しい中で貴重な時間をとらせてしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます〜

うわ〜〜 21分も飛んだのね〜〜。
すごいわ〜。
私が去年見たときは
待たせて待たせて たったの3分
大病院の診察みたいでしたもの〜〜〜。(笑)
これだけ大きな凧が飛ぶんだから
関係者の方々は本当にお疲れ様でしたね。
来年は見に行こうかな・・それくらい飛ぶなら(笑)
みるきぃ
2009/06/03 09:02
風さん、おはようございます〜
何かに夢中になるって良いですね!
ここにUPされている皆さん良い顔してらっしゃいますもの*^-^*
こんなに長く揚がってくれていると、見ていても
感激ひとしおでしょう!!
同級生?!お若いですね〜、みなさん良い汗かいたでしょうね*^-^*
sayuri
2009/06/03 09:24
みるきぃさんおはようさん
21分間も揚がるとゆっくり楽しめました。

昨年の3分35秒の記録をアッサリ塗り替えましたが、来年も同じ凧を揚げますが、果たして記録を更新するかは風次第ですね。
これだけの重量(700kg)を持ち上げる風となると、結構強い風が吹いていないと揚がりません。

でもやっぱりこんな風に揚がるのを見てみたいでしょう。
是非もう一度おこしやす。
風の旅人
2009/06/03 10:41
sayuriさんおはようさんどす。
どんなお祭りでも熱中する人たちの顔って、やはり素敵ですね。
一生懸命さが伝わってきますので、被写体としては最高ですよ。

まだまだ若い60代です。
皆さん元気ですよ。
風の旅人
2009/06/03 10:44
風さーん、おはようございまーす。
見応えのある素晴しい写真ですねー。現地にいる人達の気持ちまで伝わってきます。楽しい一日だったのでしょうね?特に、美人の同級生に再会されて、最高調・・・・
イベント事はほとんど土日ですから、仕事上8年余り何処に行く事もありません。風さんのブログは楽しませていただけます。
アスモちゃん
2009/06/03 10:48
アスモちゃんおはようさん
この日の天候は雨から曇りのち晴れ、そんな気象条件の中でも、大勢のお客さんが見に来られていました。

一年に一度の大凧まつりですから、老若男女も楽しみにしています。
何かに夢中になれるっていいでしょ。

同級生の写真もお目に掛けましたが、チョッと目隠しをさせていただきました。最初に見られた方はラッキーだったのでは。

土日には各地でイベントがありますね。
在職中は土日は混んでいるので、何処にも行かないようにしていましたが、最近は毎日が日曜日なので、1000円乗り放題を利用して各地に出没しています。
今回は田舎の行事でもあるので、50数年ぶりの見学でした。

風の旅人
2009/06/03 11:01
はじめまして。
写真1枚1枚に心意気を感じました。素晴らしいです。
また遊びに来ます。
dragon pearl
2009/06/04 10:11
ついに遂に・・・揚がりましたね!
実況を聴きながら思わず応援してしまいました。
大空に舞う大凧、その場に居合わす人々の興奮は凄いでしょうね!

こんな素晴らしい行事のある故郷を持っておられる風さんは幸せですね!
mugen
2009/06/04 12:30
dragon pearlさん〜ようこそ おいでやす

写真を誉めていただけると嬉しいですね。
大凧がキリモミした瞬間を捉えられたことが、撮影冥利に尽きます。
こうした不測の事態もある程度想像して、いつでもカメラを向けられるよう心がけていた結果です。

dragon pearlさんの写真も見させて貰いました
素敵な写真が多くて、後でゆっくり拝見させて貰います。
今後ともよろしくおねがいします。
風の旅人
2009/06/04 14:24
mugenさんコンチャ
大凧が大空に舞い上がった瞬間、この催しを支えてきた多くの方の汗の結晶ですから、心から嬉しく思いました。
本当ならカメラを手放して拍手を送りたいところですが、一枚一枚の写真で皆さんと感動を分かち合いたいと思っています。

700kgの重さの大凧が宙に舞う
何て素敵なことでしょう。
感動を本当にありがとうと言いたいですよ。
風の旅人
2009/06/04 14:29
100畳の大凧とは、凄いですね!
天空に昇ってしまうと、その大きさが分かりません。
やはり、目の前にして見ないと〜
ホネが次々に折れて、どうなることかと心配しましたが、
700kgもする大凧が浮かび上がるその瞬間は感動ものですね。
初めは裏側からしか見えないのかと、ちょっとガッカリして
いましたが、さすがは風さん。ちゃんと正面まで移動してバッチリ
写していらっしゃいます。
素晴らしい大凧祭りの全てを、楽しませていただきました。
ありがとうございました。
ともっぺ
2009/06/04 17:42
ともっぺさんコンチャ〜
700kgの重量もある大凧が舞い上がる瞬間は、見ているだけで感動します。
縦13m横12mの大きさですから大変なものです。

幸い揚がってから前方に移動できました。
揚がっている途中で落ちることがありますから、移動は大変気を使います。
今回も人の真上に落ちなかったから良いものの、もし落ちてきたら大けがをするでしょう。

撮影は何でもそうですが、ベストポジションに構えてこそ、色々なものが撮れますね。
今回はそう言った面では大成功でした。
風の旅人
2009/06/04 17:54
トップの写真を見て、「潮来花嫁さんは、潮来花嫁さんは舟でゆく〜〜〜」っていう歌を思い出しました。

潮来っていう意味も知らないで、歌もここまでしか分からないけれど。

ほぉぉぉ「いたこ」ってこんな漢字を書くんだ〜って思いました。
キウイ
2009/06/04 19:02
はじめまして!&nbsp; こんにちはコメントを有難うございました <m(__)m>少し前のブログも見させていただきました。もう、1000回以上も載せているんですね〜  すご〜い大先輩の方に、拙い私のブログに元気の出るコメントをうれしいですこのスペースシャトルや宇宙ロケットが飛ぶ時代だからこそ【大凧】 いいですね〜  なんか会場も1つになってる様子が伝わってきました。 でも、ホントに不思議! あんなに太い竿と大きさの物が空に上がるなんて… 忍者が乗ってる姿を想い出しちゃいました!(小さい時のテレビの記憶です。実際はどうだったのかしら?)
トンコブー
2009/06/04 19:30
キウイさん今晩は
昨年の6月頃に潮来に行った記事があります。
そこをめくると潮来の花嫁さんの歌が流れています。
良かったら聞いてやって。

潮来の伊太郎って歌もご存じじゃないのか(笑)
やっぱり年代がだいぶん違うなあ\^o^/
風の旅人
2009/06/04 21:22
トンコブーさんいらっしゃい
ブログサーフをしていたら目に留まりました。
綺麗な写真を撮っておられるので、思わずコメントを入れました。

1000回を迎えたところで一つの区切りをつけました。
しかし中身は全く一緒ですから、過去記事の話もよく出てきます。
お暇なときにトップページにINDEXを載せていますから、参考になさってください。

大空への憧れは誰しもの夢。
大凧に夢を託しています。
風の旅人
2009/06/04 21:27
探して見てきました〜。
でも音声は都合により消してあります、って書いてありました^^;

でも全部歌詞が読めました、ありがとうございます。
情景が浮かんできます。

潮来の伊太郎って知ってますよ。
橋幸夫さんでしょ?
私もそこそこ古い(笑)
キウイ
2009/06/04 23:36
キウイさん今晩は
そうか 消してしまっていたのか。
しょうがないなあ

橋幸夫の伊太郎を知っておりまんのか。
まあ今も現役で歌っているから、何処かで聞いたのでしょう。
潮来では銅像が建ってましたがな(笑)
風の旅人
2009/06/04 23:58
凄いですねぇ〜♪
こんな大きな凧が青空を舞っている姿は、さぞや圧巻でしょうね〜♪
いやぁ〜一目本物見てみたい誘惑に駆られております(笑)

保存会のお姉さん達の、生き生きした姿がとっても綺麗ですね^^
niko
URL
2009/06/06 15:46
nikoさん毎度〜
こんな大凧が空に舞うのだから、それなりの風が吹かないと揚がりません。
なんせ700kgもあるのですからね

毎年5月の最終日曜日と、成人の日にも少し小さな凧が揚がります。
この大凧を揚げる伝統行事、保存会の方々の努力の賜です。
風の旅人
2009/06/06 16:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
100畳の大凧が天空に舞う 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる