心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 算数の計算式ですが・・・

<<   作成日時 : 2009/06/18 23:40   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日娘の家に行きました。
孫達と会うのは1ヶ月ぶりくらいかな?
久しぶりに嬉しそう。

画像



暗くなるまで外で遊んでいて、なかなか家に入ろうとしません。
漣君はスケートボードは乗りたくても、まだ小さいので買って貰えない。
大きなお兄ちゃんの後ろにチョコンと乗せて貰って上機嫌。


画像



でも途中で降ろされて一人拗ねている(左端)
いつも直ぐ拗ねるところが可愛いもんや。


画像



明日香はこれ何靴というのかな
靴に駒が付いているもの。
家の前の道路でスイスイ遊んでいます。


画像



知奈美はまだまだ二人とは一緒に遊べませんが、それでも車が来たらく・る・ま〜と叫んでいる。


画像




みんなでいなり寿司を作りました。
見よう見まねで作りますが、あくまでお手伝い。
最後の仕上げはお婆ちゃんの役目。


画像



画像



画像



明日香の算数のテストの結果が机の上にありました。
今時の2年生にこんな問題が出るの?


画像


6・8・9を使って式を完成させなさい。

  2○
+○3
ーーー
○1

こんなのが2年生で習うようです。
これが理解できないと、4年生ではさらに躓くとのこと。


さて次の式を見たとき、あなたはどのように答えを求めますか?

 53
−38
ーーーーー

ワテの小さい頃習ったやり方です。
3−8は引けないから10を借りてきて
10−8=2+3=5
50から10を使っているので40
40−30=10

答えは15

とまあこんな感じの式を考えます。


ところが明日香の宿題を見ていると、答えを書くのが実に早い。
見た瞬間答えを記入している。

そこで明日香に聞いてみた。
どんな引き算をしているの?

その答えが次の通りです。

13−8で5
40−30で10
答えは15

違いがわかりますか?
ワテの考え方とは計算式が一つ省かれています。
この差が計算が速くなるコツのようです。

あなたは学校で習ったのは、どちらでしょうか。
もしこの計算の考え方が今の教育なら、10の桁の計算式をしっかり理解していないと、この計算は出来ないぞ。


4年生で12%くらいの子が躓くのは無理ないかも。
躓いてしまうと算数が嫌いになる。
これでは遅れている子はますます遅れてしまうなあ

果たして今の教え方でいいのだろうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
知奈美ちゃん、こんな小さいころから色っぽい写真じゃないの〜(笑)
左肩にドキッとしてしまうわ、おばちゃん。

私は風さんと同じ計算方法です。
10借りてきたから〜・・・
そして「5」の上部に小さく「4」と書いておくのです。

うちの子供たち(昭和56年と59年生まれ)もそんなやり方だったように思います。

でも私はふたりとも1年生からそろばんを習わせておりましたので親指と人差し指で暗算してました。
だから13−8は頭の中のそろばんの玉で、10の位の1を払って1の位に5を足して3払う。

ここで無意識に10−8=2をやってるわけになりません?

今は教育も子育ても随分変わってきてますね。

昔は子供は真っ黒に日焼けした方が健康だ、という考え方でしたが今は必要以上に紫外線を浴びさせません。

園児の帽子も首も日焼けしないようなつくりになっております。
外では日焼け止めクリームを塗るのが主流です。

キウイ
2009/06/19 13:02
キウイさん毎度〜
昔も今も計算式は変わりないようですね。
そろばん塾に通わせていたら、この計算は暗算でやってしまうね。

娘より二つ上の息子に同じ質問してみたら、明日香と同じ考え方をしていた。
同じ小学校を出ているけど、先生の教え方の違いなのか?
そんなことはあり得ない話で、その子の持つ計算方式なのかも。

息子はその理由として、コッチの考え方の方が早いからと言っていた。
となると基本は昔の教え方ですが、早さを重視した計算を自ら考え出したのかも。
風の旅人
2009/06/19 13:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
算数の計算式ですが・・・ 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる