心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い立ったら吉日・薄墨桜

<<   作成日時 : 2009/04/09 18:38   >>

トラックバック 0 / コメント 10

桜が本当に綺麗な時期です。
東京の桜も開花宣言してから、二週間以上も咲いているのでは。

関西でも今がピーク
各地で桜の便りが届いています。

昨夜ニュースを見た妻が、薄墨桜が今満開だって。
行って来たら・・・

この一言でワテもその気になった。
そうか、薄墨桜か。
最近行っていないなあ\^o^/


画像



ETCも取り付けたことだし、テスト運転もかねて行ってみようか。
と妻に持ちかけたが、相手の返事は用事があってムリ
あっそうか〜ホナ一人で行って来るわ。

とは言っても行き先は岐阜県の根尾谷。
車で3時間は掛かる距離。
混んでいればどうなるか。
明日は早めの出発やなあ
まあ起きてからどうするか決めてやろう。

翌朝目が覚めたら4時だった。
この時間に出るのは寝不足の恐れもあるので、もう一眠りしましょう。
次に目が覚めたのは6時だった。
ホナ行ってくれでぇ〜と妻に言い残して、一人でお茶漬け食べて出ていきました。


カーナビに行き先を設定
最寄りのICまでひとっ走り。
ETCについての評価については、次回にでも詳しく書いてみたいので、ここでは割愛します。

カーナビの設定は関ヶ原になっていた。
大垣の方がほぼ真っ直ぐな道で楽なんだけど、斜めにでも走るのかなとよく確かめもせず降りてしまった。

さて降りたのは良いが、コースはどうも近回り設定になっていたようだ。
その為細い道を選んで走らされる羽目に。
ようやく糸貫の町を通過すると後は一本道。

根尾の薄墨桜の看板が出てきた。
あと2kmの標識が出たときから、車はどん詰まり。
時折ノロノロと動き出すだけ。
あちゃ〜またかいな。

2kmの道をノロノロだったらチョッと掛かるなあ
まあ京都の醍醐寺のように、引き返すのもシャクやし、待つしかないなあ

ようやく駐車場には入れたのは11時半。
家から実に4時間の運転。
距離の割には遠いなあ


画像



薄墨桜の周りには人で一杯。
ほとんどが老人ばっかり(笑)

その中で珍しいことに中学生の団体がいた。
なんで?後で知ったのは、どうも特設ステージで演奏するらしい。
そりゃそうやわ
平日に花見に来るなんてジジババしかおらんで(笑)


画像



国指定の天然記念物・根尾谷の薄墨桜
樹齢1500年の古木。
何度も危機を乗り越えて、今尚花を咲かせていられるのは、関係者の努力のたまもの。
樹高17.2m 枝周りは東西23.9m 南北21.2m 幹周りは9.1m  


画像


この木を一目見ただけでも度肝を抜く大きさです。
よくぞこの時代まで生き続けてきたものだ。

画像



観光客が周りを取り囲むが、この幹の太さと人を比べてみてもわかります。
何本もの杭で支えて貰って、その数や何本有るのかなあ
数えるだけでも面倒くさい。


画像



幹の表情を見ても、永年の風雪に耐えてきた顔をしている。
大したものだ。


画像



織部流の茶会が開かれていた。
先客300名様だけ〜とか。
まだ大丈夫でしょうかと聞いてみると、行けますよと嬉しい返事。
そこで抹茶を一服もらいました。

画像



この織部流は古い流派だとか。
秀吉の時代から綿々と続く流派で、戦場でお茶を点てて別れを惜しむものらしい。
その為江戸時代の太平の世には、この流派は廃れていったそうです。
しかし明治新政府になって、ようやくこの流派が復活したという。

今回見ているとお手前は女性でしたが、お茶を配るのは袴姿の男性だった。
茶道についてはそんなに詳しくないので書きませんが、お手前の所作にやはり目がいってしまうなあ

画像



花見に来てお茶の一杯、なかなか宜しいもんでっせ。

遠く白山が見えていました。
真っ白い雪が霊峰白山の名に相応しい

画像



一人旅というのは結構気ままでして、見終わったらもう帰ろうかと思う。
グループで来ているならば、ここで弁当も広げて宴会にでもなるが、一人だとさっさと帰り支度。
土産用に薄墨ようかんを買って引き上がることにする。

来るときは2kmの渋滞だったが、帰るときは5kmもの車が続いていた。
僅か小一時間ほどの間なのに、本当に人気スポットだけのことはある。
チョッと早めに出たお陰で、大変な目に遭わずに済んでホッとしました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
奥様にふられたんだ。ホホホ〜。女性は忙しい。
薄墨桜ってはじめて聞きます。綺麗だね。
>平日に花見に来るなんてジジババしかおらんで(笑)
そうでもないよ。美容師の人や接客業のひとなんかは平日よ。
一人って寂しいときもあるけど慣れたら気楽でいいよね。♪
ソナチネ
2009/04/09 22:42
ソナチネさん今晩は
最近は振られ放しですわ(笑)
その結果一人でブラブラ出かけるしかありません。

まあ慣れたもので一人の気楽さは、何者にも代え難い。
お腹が減ったとき、気に入った場所で写真を撮るとき、誰にも邪魔されず、文句も言われない。
これほど楽なものはないなあ

ワテも永年変速勤務をしていましたので、遊びに行くのは平日がほとんどでした。
でも最近は団塊世代がドッと定年したので、何処に行っても同年輩ばっかり。
ここでは若い人ってほとんど見かけませんよ。

しかし前回の哲学の道はまるっきり違いました。
お陰で随分目の保養もさせて貰った(笑)
風の旅人
2009/04/09 23:05
ようこそ^^
東海地方へ♪

名古屋に住んでいながら1度も実物を見た事が無い私^^;

見事に咲いてますね〜
キウイ
2009/04/10 15:03
キウイさん毎度〜
その気になったら行動するのは早いでっせ。
しかし最近は昔ほど動かなくなってきました。

東海地方はワテにとっては庭みたいなもの。
その気になれば名古屋辺りで、山本山で味噌煮込みうどん食っているかも知れまへんでぇ(笑)
風の旅人
2009/04/10 18:25
来年は是非この「根尾谷の薄墨桜」を見に行きたいと思っています。
ここはずいぶん明るい雰囲気の所なんですね。

私は同じく三大桜の「山高神代桜」を見てきました。
こちらは樹齢2000年の桜ですが、もう息も絶え絶えの感じでした。

ETC搭載車はどこまで走っても千円という実情も興味がありましたので、先週の土曜日に行きました。
家から4時間近くかかったというのは同じですが・・・
私たちは5時半に家を出ましたから大渋滞には合いませんでした。
そして2800円近くかかる高速道路料金が1000円と表示された時は歓声が上がりましたよ。

もう一つの「三春の滝桜」は4年前に見に行っています。
こちらも一本道でしたから駐車場まで時間がかかりました。
我が家近くの公園や学校、団地などにもたくさんのソメイヨシノが咲きますが、新興地の桜は若木が多く・・・
三大桜のこの幾千年もの歴史を見てきた古木を見ると、ヤオヨロズの神様が宿っているようで思わず手を合わせたくなる風格がありますよね。
naoママ
URL
2009/04/10 23:09
naoママさん今晩は

山高神代桜って何処かなと思って調べてみました。
山梨県の端っこやんか。

実相寺の山高神代桜をネットで見ましたが、これも凄いですね。
2000年の太古から営々とこの地にあって、多くの人を楽しませてきたのでしょう。

ETCの恩恵をしっかり受け取っていますね。
ワテは平日なので割引も少なくて、まあ混むよりマシかなと思って出かけました。
1000円で何処までも走れるので、ワテも何処かに行きたいなあ

この薄墨桜は場所的には福井県の県境、山に囲まれた静かな場所ですが、公園化されており駐車場からも近いので、誰でも気軽に行けるところです。
風の旅人
2009/04/10 23:42
1500年の古木って凄いですね!
畑中に1本の薄墨桜が植わっていると聞いていましたが、何本かあるのですね。一度は見に行きたいと思っています。
mugen
2009/04/11 22:03
mugenさん今晩は
ひと昔前は薄墨桜の木は今のように多くなかったと思います。
新しい若木を植たのではないかな。
1500年間にわたって風雪に耐えてきただけでも凄いですね。
風の旅人
2009/04/11 22:41
私が始めて薄墨桜を見た時は、本当に畑の中に1本デンと立って
いました。 重量感のある凄い桜だなぁと感動しました。
その後、周りに桜が一杯植えられて、どれが薄墨桜なのか探さなく
ては分からないほど。
長い年月を、村を眺めながらただ一人?そこで生きてきたという
主のような荘厳感が薄れてしまったようで、残念です。

通常より1時間オーバーで着けたのなら、速いほうですね。
これが土日なら、いつ着けることやら〜
風さん、ナビも付けられたのですね。
ETCとナビが付けば、鬼に金棒。
今度は、高速料金1000円に挑戦してください。

ともっぺ
2009/04/12 15:14
ともっぺさん今晩は
昔は田圃の中に古木があったのですか
初めて訪れたのは名古屋赴任時代ですから1988年くらい。
もう20年ほど前になります。
当時は今の状態でしたから、田圃となるともっと前になるなあ

平日でもこんな渋滞は今まで知らない。
最近は団塊の世代が退職したので、その影響で増えています。
大阪からなら1時間くらいのロスは仕方がないですよ。

カーナビもETCも完備したので、何処でも行きまっせ。。
名古屋にも顔見せましょうか(笑)
風の旅人
2009/04/12 21:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思い立ったら吉日・薄墨桜 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる