心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 花水木

<<   作成日時 : 2009/04/29 01:14   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 36

何時から日本にこの木が来たのだろうか。
我が町にも街路樹として植えられていますが、気が付いたときにはこの花が咲いていた。


画像



調べてみるとアメリカからの贈り物だとか。
1912年に日本から桜を贈ったお返しで、1915年にアメリカからやってきた花。
かれこれ100年近くになるが、これまで余り見かけなかったのは、我が町には咲いてなかったと言うことになる。


画像



この花がハナミズキであると教えてくれたのは、一青窈と言う歌手が歌ってから。
素敵ないい歌だなあ〜と聴いているうちに、この歌を覚えてしまった。

ハナミズキの木ってどんな木?
駅のロータリーに咲いているやんかと妻に教えられて、初めて花水木の木を覚えるなんて、もうかなりええ加減なもんや。


画像



花水木の木を覚えてしまうと、各地に見かける機会が多くなった。
最近は町中を散策していてもアチコチで見かける。
この時期に薄紅色に咲いている花水木はよく目立つ。
中には白い花水木もあるなあ




ハナミズキ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
私もこの歌、好きなんです。
でもそのわりにはどんなお花かよく知りませんでした。
かわいい花ですね。
はこふぐ
2009/04/29 08:14
パチパチパチ〜上手です。
オハヨウございます。
一青 窈さんが歌っていて車にセットしてあります。
アメリカハナミズキとネーミング見たことがありました。
^−^
2009/04/29 09:12
はこふぐさんコンチャ
GWが始まりました。
天気がいいので各地で行楽客が出ているのでは。

ワテは人混みがどっちかというと苦手。
こんな時は余り出かけたくないけど、そうもいきませんわ(笑)

ハナミズキの咲く季節になりました。
この花が至る所に咲いています。

このハナミズキの歌はいいですね。
愛唱歌の一つになっています。
風の旅人
2009/04/29 11:38
^−^さんコンチャ〜
この歌を歌えるように大分練習しました。
結構歌うには難しくて苦労しましたが、まあ何とか歌えるまでになりました。

彼女の曲を初めて聴いたとき、あの独特な歌い方は馴染めなかったけど、このハナミズキの曲は素直な声で歌っており、これはいいやと覚えました。

この時期にピッタリの愛の詩。
いいですね。
風の旅人
2009/04/29 11:42
風さん、こんにちわ(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
花水木の花言葉を調べたら・・・『あなたへの返礼 』『私の想いを受けとめて 』と、ありました
綺麗な可愛いお花ですね!!
花水木って、高貴なお花だって私のイメージでした。。
どんなお花も、大好き!!
ほほ笑み
2009/04/29 17:36
ほほ笑みさん今晩は
今では花水木がどこでも見られますね。
桜の花が終わると花水木のシーズン

薄紅色とまっ白い花水木の花、この季節にピッタリの花ですね。

誰に思いを伝えようかなあ(笑)
風の旅人
2009/04/29 18:00
私が認識しているハナミズキとはちが〜〜〜う!!
どうして??
どっちがほんと?両方かな?
こんなに丸っこい花ではなくて、もっと先がつんとした花じゃない?
今度もっとアップの写真送ってください!!
魔女
2009/04/29 19:38
我が住宅地の幹線道路の並木が紅白のハナミズキです。
家々の庭にも多いお花で・・・
サクラの返礼のアメリカハナミズキは、横浜に関してはサクラ以上に身の回りに普及している感じです。

我が家近辺ではもうソロソロ終りですが、昨日行った内陸の高尾や奥多摩ではまだまだ花盛りでした。
これよりお花が小さい「ヤマボウシ」の方が山間部には会うような気がするのですが・・・・
みんなハイカラ好みになりましたから、あっと言う間に普及したのでしょうね。
naoママ
URL
2009/04/29 21:36
魔女さん今晩は
移っているハナミズキは蕾から花に変わるところ。
もしかして開いたところの花を言っているのでは。

開いた花は撮っていないので、花水木で検索しておくれやす。
すまんのう\^o^/
風の旅人
2009/04/29 22:09
naoママさん今晩は
横浜には早くから植えられているんですね。
大阪のこの辺鄙な町に住んでいると、こんな洒落た花が来るのも遅いですわ
ここ数年の間に随分増えた感じがします。

ヤマボウシもこの花水木と同じ種のようですね。
これなら時折目にしています。
風の旅人
2009/04/29 22:13
こんばんわぁ\(*^∇^*)/ 
薄紅色のハナミズキ あたしの通り道にはあまりないんですよ。
本当にきれいですね 
その花を撮ってる風丼♪はやさしい人♪ねっ

あたしも名前は知らないまま見ていた花でしたね
気がついたときには大きな木になってるので
桜の木もそうですが、植えた人に感謝ですねっ

     ほい あじ丼(*^-'*)>☆
 
紫陽花
2009/04/29 22:13
あじ丼〜コンチャ
花が咲き出すと決して派手な花ではないけれど、鈍感なワテでも気が付きますが、花が咲いていない時期にはほとんど気にならない。

歩いていても花が咲くと気持ちも和らぎますね。
花があるとホッとします。
風の旅人
2009/04/30 00:10
風さん、おはようさんです♪

ハナミズキ、花も唄もいいですね。

花弁に見える4枚のものは、苞(ほう)です。
花は中心の部分。

ミズキ科の中では、特に花が秀でているということから、
ハナミズキと呼ばれるようになったそうですが、
日本に自生しているのはヤマボウシで、
このアメリカヤマボウシは、
人手によって植えられたものしか日本にはありません。

同じように苞を持つもので、
今の時期は、ハンカチノキっていうのが咲いています。

DEKU
2009/04/30 04:50
DEKUはんおはようさん
詳しい説明をサンキューでおます。

花弁ではなく苞と呼ばれるものですか。
全体が花だとばかり思っていました。

たしかに蕾の時はこの写真のように、包み込んでいる感じですから苞なんですね。

DEKUはんのブログはずっとコメント付けてないなあ
付けたら面倒くさいですか(笑)
風の旅人
2009/04/30 10:00
カザグルマの様な蕾が可愛いですね。パッと開いた写真が多いのですが、流石ですね!歌も流石・・・です!
mugen
2009/04/30 10:59
ハナミズキですか・・・
歌で名前は知っていましたが、初めて見ました^^
可愛らしい花ですね。

ところで・・・子供の日にちなんでの質問です
鯉のぼりの歌で「大きいまごいは、おとうさん」って
ありますが。。。。まごいだったら「孫」の1番下の
鯉だと思っていましたが・・・おとうさんが何で?「まごい」なんですか?
知っていましたら、教えてください
野澤菜っ葉。
2009/04/30 11:09
mugenさん今日は
全国的に好天に恵まれて、とてもすがすがしい陽気です。
この時期は花々が一層咲き誇って、とても楽しませてくれます。
花水木も咲く前のこの時期が可愛いですね。
風の旅人
2009/04/30 12:22
菜っ葉ちゃん毎度〜

『こいのぼり』
♪やねよりたかい こいのぼり
 おおきいまごいは おとうさん
 ちいさいひごいは こどもたち
 おもしろそうに およいでる

この歌にある「まごい」は真鯉です。
孫の鯉と解釈するようになったのは、この歌からのようです。
この歌が誕生して早70数年、しっかり根付いてしまいました。

鯉のぼりが作られたのは江戸時代です。
武士社会が鎧やカブトで端午の節句を祝ったのにあやかって、庶民は幟を上げることで男の子の節句を祝ったようです。
その後中国の故事にしたがって激流に挑む鯉を見て、男の子は今後人生の荒波に挑戦するものだからと、鯉のぼりを上げるようになったようです。

元々は黒い鯉は子どもでした。
しかし歌のお陰というか、真鯉→孫鯉と思われるようになって、黒い鯉は父親にされてしまいました。
一家団欒で家族が泳ぐ姿が、戦後の世相を表しているようです。
風の旅人
2009/04/30 12:40
保育園の鯉のぼりは
黒赤青があります
黒がおとうさん 赤がおかぁ〜さん 青が子供

ひこいってどんな字を書くんですか?

子供に歌を教えていた時に
「まごい」って孫ではないの?って言われて
考えてしまって^^:

歌での真鯉で孫鯉では無かったんですね
野澤菜っ葉。
2009/04/30 13:36
菜っ葉ちゃん〜
緋鯉であって曾孫曾鯉の字を当て嵌めるには本当は無理があるけど、子供たちに説明するのにわかりやすく教えるんだから、解釈をどうのこうのとこね回すより、お父さんお母さん、子供たちと教えてあげてもいいんじゃないかなあ。
風の旅人
2009/04/30 14:04
あ〜面白かった! ハムスター君のこと。
餌を持って逃げ回ったら、付いてくるんだもの〜(笑)

そうそう、花水木いつの頃からでしょうか、街路樹に紅白で
綺麗に植えられているのを見かけるようになりました。
花(胞)が開く前のこの丸い形が、可愛いですよね。
桜が散って、寂しいなと思う頃に咲いてくれます。
花水木を真下から見上げて撮る構図、これをいつの日か
撮りたいと思っているのですが、良い木に出会えません。
ともっぺ
2009/04/30 16:40
花水木ってこんな花なんですね。
長島温泉のホテル花水木が1番最初に浮かんできました^^;
キウイ
2009/04/30 16:52
ともっぺさん今晩は
ハムスターを相手にしてたら、思わず時間を忘れるやろ。
餌を与えすぎないようにね(笑)

真下から花水木を撮る。
どんな感じになるのかなあ
結構高い木もあるから、頑張って探しておくれ。
楽しみにしてまっせ。
風の旅人
2009/04/30 18:17
キウイさんコンチャ〜
長島温泉の花水木は高級ホテルやんか。
関西でも結構有名やで。

花水木の名前を付けた飲食店は多いですよ。
安い店には着けない名前ですよ。
風の旅人
2009/04/30 18:20
物知り風さん

子供たちより先生〔今年入った新人さん^^〕
質問されてしまって^^;:

教えたくても教えることが出来ませんでした

そのとき思ったのが、「風さんなら分るかも^^」でした

まぁ〜一応 この記事に書いてあることを言ってみます
野澤菜っ葉。
2009/04/30 20:44
ところでこのハムスタ〜メッチャ可愛いです
野澤菜っ葉
2009/04/30 20:46
菜っ葉ちゃんとこに入った新人の先生ですか。
大人に教えるのなら、一応キチンと説明した方がいいなあ

武家社会では鎧や兜を飾りましたが、庶民もそれに習ってやがて家紋入りの吹き流しを入れた鯉のぼりを上げました。
男の子が一人増えるごとに、色違いの青色や緑色の鯉のぼりを上げました。
それが始まりです。

しかし「こいのぼり」の歌が歌い出されたのが70年ほど前
作詞者が作った詩の内容が、鯉のぼりの泳ぐ姿を家族として歌われたことで、それまでの男の子の節句としての考えから、家族中心の考えに変わっていったわけで、戦後の民主主義とも合致して今に至ります。

これが鯉のぼりの考え方ですが、新人先生の方には元々はそう言うことで鯉のぼりが上げられた事を説明して、しかし時代と共に家族愛の考えが定着したことを伝えても良いのではないでしょうか。
ただ此処に書いたのは学説でもないので、100%信用したらアカンで。

ハムスターをお土産に上げようか(笑)
風の旅人
2009/04/30 22:10
風さん♪
良い歌・・・・可愛い花ね。

明日仕事行ったら5連休になる。\(^o^)/
ソナチネ
2009/04/30 23:52
ソナッチ今晩は
この歌はいい歌だよ。
若い女の子の歌の中でもこの歌はピンときました。
ええ歌やなあ
覚えたいなあと。

明日から5連休ですか。
それで家にジッとしているの?
ワテは何処かにイッチッチ〜
風の旅人
2009/04/30 23:58
このお花、ハナミズキって言うんですか!
今日もダンナとお散歩してて、いくつか見かけましたよ。綺麗な花だな、と思った。
歌は大好きで、知ってるけど、お花は初めて知りました。
ひとつおリコウになりました。
マミー
2009/05/01 20:04
GWガ始まりました。
各地で渋滞の行列が出来て、出かけていくのも大変です。

この期間は家にじっとしていようかなと思いましたが、東北の方からお声がかかりまして、オフ会をするために現在山形に出没してます。
直江兼続人気の米沢にこれから向かいます。

まだ桜が咲いています。
寒いかなと思って冬ものも持ってきており、果たして使うのかどうか。
この後どうなりますことやら。
風の旅人
2009/05/02 08:12
マミーさんおはようさん〜
今の時期は街中に花水木が綺麗に咲いておりますね。

桜が散ったあとの花だけに直ぐに目がいきます。

天気は最高です
お出かけになりますか
風の旅人
2009/05/02 09:42
風さん、今晩は〜☆
高速1000円の旅、実践中のご様子*^-^*
山形 \~(*^0^*)~/ま〜〜遠くまでお出かけですね〜
ひょっとして蔵王?エコーライン?
オフ会、めいっぱい楽しんで来て下さいね、お気をつけて〜。
花水木聴きながらお帰りをお待ちしております〜♪
sayuri
2009/05/02 21:30
Sayuriさんコンチャ〜
山形のオフ会は山形在住のブログ仲間との交流撮影会です。
昨日から今日にかけて山の風景を中心に、撮りまくっています。

米沢では直江兼続ブームにわいており、今日は祭が行われます。

今夜は山形美人が大挙駆け付けてカラオケになる予定です
風の旅人
2009/05/03 10:27
こんばんわぁ〜〜〜☆
山形ですのねぇ わおっ

もちろん カラオケではハナミズキを唄ったことでしょうねっ
      ほい あじ丼(*^-'*)>☆
紫陽花
2009/05/04 20:18
あじ丼今晩は〜
山形でオフ会がありました。
今回は山形の風景を撮る写真仲間のお誘いで、その中に加えて貰いました。
飯豊山の周りを巡ってきましたが、山の写真は難しいですわ。
全然良いのがありません(゚_゚i)タラー

カラオケは凄く歓迎して貰って、楽しい夜でした。
ハナミズキを歌いましたが、酔っぱらってしまい出来はイマイチ(笑)
風の旅人
2009/05/04 22:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花水木 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる