心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都・伏見の酒蔵を訪ねて

<<   作成日時 : 2009/04/05 00:39   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

ともっぺさんのブログで紹介している、醍醐寺の枝垂れ桜を見に行こうと、一昨日車で出かけました。
車で1時間ほどの距離なので、まあ昼頃に着けば良いと遅く出たのが運の尽き。

醍醐寺の手前で車は数珠繋ぎ。
やっと門前まで来たら満車で入れない。
係員の指示に従って、誘導されるまま別の駐車場へ

ところが2カ所目の駐車場も満車。
ここでも係員が余所へ行けという風に手を振るだけ。

まだあるのかいな?
まあしょうがない
行ってみるべえ。

ははっは
行けども段々醍醐寺から離れるだけ。
結局係員に騙されて、通り過ぎてしまった。

醍醐寺の前の道は細いため、空きを待つほどのスペースもなく、乗用車は通り過ぎるしかない。
可哀相なのは前の車は関東のナンバーだった。
せっかく来たのに入れないとは、やっぱり早く来ないとアカンねんなあ

そう言うことでこちらは家に帰るしかない。
しかしこのまま帰るのはシャクの種
帰り道に何処かに寄ったろかなあ。

画像



そこで思いついたのが伏見の町。
ここは関西でも有名な酒処、灘と並んで関西では誰もが知っている。

秀吉の時代からこの伏見は栄えた町。
淀川を遡る三十石船で賑わい、港も発展してきた。


画像



そんな往時の名残を楽しめる伏見の町、ここは一つ話の種に十石船に乗って見るしかない。
観光用の十石船が幟が風にはためいている
見ると綺麗なお嬢さん方が三人立っていた。
京都の町は着物姿の女性がよく似合うなあ。
ここはワテもご一緒したい(笑)


画像



掘り割りに面して酒蔵が建っており、これがなかなか味がある。
川岸はソメイヨシノが三部咲き。

画像



明日当たりが満開ではないでしょうか。
柳の新芽も出てきて、なかなか風情がある風景。


画像



穏やかな日差しの中、土手の桜や草花も春を待ち望んでいるようです。


画像


菜の花も咲きのどかな午後の昼下がり
川風に吹かれて船遊びも、また楽しいものでおまっせ。


画像




画像



画像


こんな時間の過ごし方も、たまにはいいもんですわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
私の拙い、休止状態のブログを訪問いただきありがとうございました。
気まぐれなブログで更新をしないままでお恥ずかしいです。
この度、山形にお出でになるとか、大歓迎です。
お待ちしてます。
yamasei
URL
2009/04/05 15:52
ホンマに大変でしたね〜 どうお慰めしたら良いものやら。
うちの主人は並ぶのは大嫌いで、(お店やさんでも)
どうしても入りたい時は、暗いうちに起きて、夜中でも走ります。
開門と同時に入って、一般の観光客が混み出す頃には、出て行き
ますので、帰りの渋滞にはまることも少ないです。
車で1時間なら、8時ごろに着いていれば大丈夫かも〜

伏見の酒蔵、大昔撮りに行きましたが、随分変ったような〜
桜と菜の花が咲いて、屋形船で巡っていけるのですね。
長閑で良い雰囲気のところです。

 
ともっぺ
2009/04/05 16:06
yamaseiさんいらっしゃい。
ブログが休眠状態であろうと、同じような年代の方が頑張っておられることが重要でして、これが励ましとなって同世代も元気を貰えます。

近々行く予定をしておりますが、その時はよろしくお願いします。
風の旅人
2009/04/05 16:20
ともっぺさんコンチャ〜
ワテも一緒で並ぶのが大嫌い。
ダメだと思ったらさっさと引き上げます。

せっかくなんだから勿体ないという方もいらっしゃいますが、待つことが嫌いな性格はどうしょうもありません。

今回は近場と言うこともあって、チョッと油断していました。
でも直煮は必ずリベンジを果たしたいなあ

菜の花の咲く時期っていいですね。
何となく夢があります。

今回は丁度そう言った時期でもあったので、十分楽しみました。

風の旅人
2009/04/05 16:23
風さん♪
お疲れ様でしたね。ホホホ〜。人って同じ所に行きたくなるのかしら。
でもそのおかげでなかなか良い写真が撮れたわね。雰囲気ある。
菜の花って私も大好き。黄色って元気になる色だと思うの。
菜の花って花独特の色気は少ないけど可憐で健康的で清潔感があるわ。
昨日は雨で今日は暑いくらいだったね。家でボーとしてました。
今日は髪の毛切ったんだよ。子供みたいになっちゃった。♪
ソナチネ
2009/04/05 23:03
ソナチネさん今晩は
京都には何度も足を運んでいますが、行くところは大体決まっています。
この伏見はいつも通過するだけ。
立ち寄ったのは今回初めて。
なかなか機会がないと行かないものですよ。

菜の花が咲いている風景はワテも大好き。
ヒマワリ畑を見たら写真を撮りたくなります。
黄色い花は気持ちまでパッと明るくなるね。

髪を切ったんだ。
どうしたん?
何かあったのか(笑)
どんな感じなのか見せておくれやす。
風の旅人
2009/04/05 23:13
醍醐の桜は見ることが出来ませんでしたか。残念でしたね。
実は8日に行く予定にしていましたが京都の人から人を見に行くような物だから 
やめときよし といわれて行き先を変えたのですよ。随分前ですが一度行った事があるし。
伏見の舟遊びは知りませんでしたね。とても雰囲気があって良いですね。
次回京都に行く時はこれを目的にしようっと。
むくげ
2009/04/06 15:47
醍醐の桜は残念でしたね。
その代わりというか伏見の川べりの風景がいいですね。
舟遊びが出来るのですかね。風情がありますね。
桜と菜の花と屋形舟、白壁の酒蔵、雰囲気満点じゃない
ですか!おまけに着物のお嬢さんもいるし(笑)
いいところですねえ〜
いつもばらいろ
2009/04/06 16:50
むくげさん今晩は
この時期の京都は大変な人手です。
今日も哲学の道を歩いてきましたが、そりゃもう人を見に行っているようなものでした。

その点伏見は観光客もそんなにいませんので、ゆっくり散策できました。
次回行くときは穴場として参考になさってください。
風の旅人
2009/04/06 20:59
いつもばらいろさんコンチャ
疎水を十石船に乗って一巡り、のんびりと1日を楽しむのには、丁度いいですよる
酒蔵のある風景に和服姿の女性、もう最高でした。
この後もう少し伏見を紹介します。
風の旅人
2009/04/06 21:03
醍醐の桜は遅いと聞いていましたが、もう満開ですか?残念でしたね。

伏見堀の十石船乗った事あります。船内でワンカップをみんなに配ってくれたので、さすが酒処と思いました。風さんも頂かれましたか?

mugen
2009/04/08 18:57
mugenさん今晩は
醍醐寺の枝垂れ桜はソメイヨシノより一週間も早く、満開になりました。
現地情報をよく見ていないと、今回のように目の前まで行っているのに入れない事になります。
人気スポットは公共交通を使うことですね。

今回乗った十石船では酒は出ませんでした。
もしかしてその酒の出所は、月桂冠の大蔵記念館に行った人が、入館記念で貰ったものではないでしょうか。
ワテの入場したときに一瓶貰いました\^o^/
風の旅人
2009/04/08 22:45
春の穏やかな様子がよく伝わってきます。
行ってみたくなります。
すっごく画像も素敵です。風さん、ひょっとしてプロ?
メリッサ
2009/04/09 16:09
メリッサさんコンチャ
穏やかな日差しの中で十石船に乗って疎水を行き来する。
何とも贅沢な気分に浸れます。

この日の川風も心地よく頬を撫でていきます。
メリッサさんも近い所に住んでおられるだけに、一度訪れてみては如何でしょうか。
六月になれば紫陽花のシーズンです。
川縁には一杯紫陽花の木がありました。
風の旅人
2009/04/09 17:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
京都・伏見の酒蔵を訪ねて 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる